用語集 > Google Ads (Google広告)

Google Ads (Google広告)

はじめに 

有料検索マーケティング(Paid Search Marketing)は、マーケティングおよび広告業界で多くの異なる名前(および略語)で呼ばれています。

検索エンジンマーケティング(SEM、SEOを含むことができます)、Pay-Per-Click(PPC)広告マーケティング、検索エンジン広告、スポンサーリストなど...。 そして、それは、Google広告(以前のGoogle AdWords)、Googleショッピング広告、Bing広告など、特定の広告プログラムや広告タイプの名前を含むようになっています。少し複雑かもしれません。

しかしStatusbrewはこれらをマーケティングのリソースとして知識を惜しみなくふんだんに提供しています。 こちらの記事では有料検索で世界で一番利用されているGoogle広告の構成とその外観の基本的な概要を説明し、出てくるさまざまな略語と広告タイプについて解説し、さらには有料検索への投資の利点と欠点をリサーチします。

目的:Statusbrewのグロッサリーでは広告に関わる様々な指標を説明していますが、その広告に関わるキーワードをカバーするためにこちらの記事を作成しました。特に広告の費用やそれに伴うオークションの仕組みについて理解できるガイドラインとなっております。

下記のメニューをフォローしてください。

Google広告(旧:Google Adwords)とは?

Google広告(2018年7月以前はGoogle AdWordsと呼ばれていました)は、Google独自の広告ネットワークです。 ディスプレイネットワークやGoogleアドセンスプログラムを通じて他のウェブサイトに表示されるGoogle広告を使用して、google.comの検索結果に表示される有料広告を提供しています。

PPC / CPCとCPMの広告だけでなく、サイトターゲットのバナー、テキスト、リッチメディア広告と幅広く提供しています。

  • Google広告 (Google Adwords) - Googkeディスプレイネットワーク
  • Googleアドセンス (Google Adsense) 

が一番大きなストラクチャの2大巨頭ですがこちらの記事では、上記のGoogle広告(Google Ads)について説明して行きます。

Google広告を使用すると、Googleの広告ネットワークの1つまたは両方に広告を出稿できます。

  • Google検索ネットワーク:Google検索、Googleショッピング、マップ、およびそのさまざまな検索パートナーを含む、Google検索結果ページに表示されるすべての広告が含まれます。
  • Googleディスプレイネットワーク:Googleと提携しているウェブサイトや、GmailやYouTubeなどの他のGoogleサイトを対象として出稿する広告です。


Google広告では、クリック単価を選択した場合、入札単価(クリックごとに支払う金額)を手動または自動に設定できます。 手動では入札額を選択し、自動ではGoogleが予算内で入札額を選択します。 CPCとCPMを使用すると、最大入札額を設定できます。

Googleの有料検索とクリック課金型(PPC)はイコールではないことを最初に注記いたします。有料検索マーケティングは、CPMまたはCPAと言う選択肢もあるからです。ただし、PPCは、依然として最も広く使用されているGoogle有料検索の形式であり、2つの用語はほとんど同じ意味で使用されているといって良いでしょう。このため、こちらのガイドでは主にクリック課金型(CPC)の有料検索に重点を置き、他の種類の有料検索広告がそれと異なる点にも注目します。

ちなみに:Googleディスプレイネットワークとはどのように機能するのか?

Googleディスプレイネットワーク(GDN)は、Googleがディスプレイ広告を掲載できる大規模なサイトのネットワークであり、すべてのインターネットユーザーの90%以上にアクセスできます。 広告主は通常、ディスプレイネットワークのクリックはこれから説明する検索ネットワークのクリックよりも費用がかからないことにのちに気づくことが多いでしょう。また、ターゲティング方法によっては、CTRが高いわりに、CPAは低くなる場合があります。

では、検索ネットワークに戻りましょう。実際に出会った有料検索結果はどのようなものでしょうか?

有料検索広告は検索結果のどこに表示されますか?


テキスト広告:デスクトップとモバイルの両方で、検索結果ページの上部と下部に表示されます。
以下は、Google検索エンジンの結果ページ(SERP)の例です。 有料のGoogle広告には2つのポジションがあります。1つは検索結果のすぐ上部、オーガニックリンクの上にあり、もう1つは結果ページの下部にあります。赤い枠が広告で、Ad-広告と記載があります。緑色の枠はオーガニック検索結果です。

Text_ads_google

 

ローカル広告:物理的な店舗があるビジネスでは、ローカルパックとGoogleマップに広告を表示できます。マップ上のピンは緑色で表示され、ユーザーがピンにカーソルを合わせると「広告」ラベルが表示されます。

local_ad_tokyo

ショッピング広告:ショッピング広告は、Googleでは商品リスト広告(PLA)とも呼ばれ、BingとYahooによる商品掲載広告は、小売業者と検索エンジンの両方で成長している分野です。これらの広告は、テキスト広告とは異なるキャンペーンメカニズムを通じて配信されています。こちらの画像ベースの広告には、価格、販売会社名、レビュー、オファーが含まれている場合が多いです。 Googleは、ユーザーの検索クエリを販売者の商品カタログフィードに含まれるデータと照合します。 広告は、モバイルとデスクトップでは検索結果の上部のカルーセルに表示されます。ナレッジパネルにも掲載が可能です。

shopping_ad

 

Googleは、Googleディスプレイネットワークに表示されるディスプレイ広告も提供しています。ディスプレイネットワークは、Googleと提携し、ページにGoogle広告を配信することに同意した外部のサードパーティウェブサイトの広告コレクションです。 ディスプレイネットワークのGoogle広告は、テキスト、画像、動画、リッチメディアのいずれの形式も広範に使用でき、異なるターゲットを設定できます。 ディスプレイネットワークには、リマーケティングとバナー広告が含まれます。

 

Google広告が表示される理由

Google広告掲載側のお話をしましょう。Googleへは以下の説明する広告主が存在しているから、あなたのディスプレイに広告が表示されるのです。Google広告オークションはキーワードに焦点を当てています。 広告主(Advertiser)は、広告掲載先のビジネスに関連するキーワードのリストを作成します。これは、製品またはサービスを検索するときに人々が最も使用する可能性が高い単語の一覧になっている必要があります。 次に、広告主としてこれらの単語に入札します。各入札は、Googleユーザーが広告をクリックするたびに費用を支払う意思があるかどうかに基づいて行われます。 この入札単価と、提案された広告の品質に基づいて、Googleが割り当てた品質スコアを組み合わせることで、検索エンジンの結果ページに表示されるGoogle広告が決まります。ユーザーが広告をクリックすると、計算された特定のコスト(CPC)を支払う必要があります。

Google広告の仕組みとは


コストについて説明する前に、Google広告プラットフォームが実際にどのように機能するかを理解することが重要です。
Google広告についての最大の誤解の1つは、最もお金を使う広告主が最も影響力があると思われていることです。大きな広告予算を持つことで問題が発生することはありませんが、Google広告は、実際には多くの新参の広告主が認識するよりも公平な競争条件です。
Google広告は、オークションと基本的に同じように機能します。
入札しているキーワードの競争力と、広告元の企業の実際のコンバージョンに対するそのキーワードの関連性に応じて、Google広告はビジネスで機能する場合と機能しない場合があります。 ほとんどの場合、Google 広告は間違ったキーワードでお金を無駄にしたり、CTR(クリック率)の低い広告を作成したりしない限り、多くの種類のビジネスに非常に効果的です。

 

Google広告オークションとは?

Googleユーザーである誰かがある検索を実行すると、その検索に関連するすべての広告が、それぞれの入札価格と、関連するキーワードや地理的な場所などの他の要因に基づいてその瞬間に「競合」します。 落札した広告が表示されます。その広告に支払う金額は、他の競合する広告に応じて、最大入札額以下の金額になります。

googleads

上記で説明した通り、Google広告はユーザーがキーワード検索を実行するたびに行われるオークションシステムで機能します。オークションで競り勝ち、関連するキーワードに対してGoogle広告が望むポジションに表示されることを確認するには、Google品質スコア(Quality Score)と入札額が必要になります。品質スコアと入札額が高いほど、広告の掲載順位が高くなります。


次の要因が品質スコアに影響します。

  • 検索クエリに対するGoogle広告の関連性
  • Googleキーワードと広告グループの関連性
  • あなたのビジネスのランディングページと広告の関連性
  • 広告とその広告グループの過去のクリック率(CTR)
  • アカウント全体の過去のパフォーマンス

高品質のスコアを取得することには、全体的なメリットもあります。
そのメリットとは低コスト化することです。Googleはクリック単価(CPC)を引き下げることで広告主に高い品質スコアを提供し、ROIの向上に貢献します。
露出度が高い–品質スコアが高い場合、広告はより頻繁に、SERPのより適切な位置(ページの上部と下部)に表示されます。これにより、入札単価を引き上げることなく、クリック数とコンバージョン数を増やすことができます。

Googleオークションは何回行われるのか?


オークションは毎月数十億回実行されています。 その結果、ユーザーは探しているものに関連する広告を見つけ、広告主は可能な限り低い価格で潜在的な顧客とつながり、Googleは何十億ドルもの収益を上げています。

というのも、誰かがクエリを検索すると、Google広告システムはそのキーワードに一致するすべての広告を瞬間的に見つけます。
システムはこれらの広告から、別の国をターゲットにしているターゲット外の広告や不承認の広告など、適切でない広告はすべて取り除きます。
残りの広告のうち、十分に高い広告ランクの広告のみが表示されます。 広告ランクは、入札単価、品質、および拡張機能やその他の広告フォーマットの予想される影響の組み合わせから選ばれます。

ですので検索される度、という答えが正しいため、正確な数字を提示するのは難しいです。

Googleでクエリが行われると、検索エンジンがリクエストを処理し、オークションを実行して、広告のポジションと各広告主のCPCを決定します。

さらに詳しく説明すると、
検索エンジンは、すべてのクエリに対して広告を表示するわけではありません。ただし、収益化されると、ユーザーが検索するとすぐにオークションが開催されます。その他様々な要因で決定します。

 

  • 広告主のオークションへの参加資格
  • 有効な広告がページに表示される次の順序
  • 広告がクリックされた場合に各広告主が支払う金額(CPC)

1つ目は、広告主であるあなたがクリックに対して支払う金額です。広告主は、支払う意思のある最高入札価格(上限CPC)を設定します。入札単価は、個々のキーワードレベルまたは広告グループレベルで設定できます。広告グループは、関連するキーワードをグループ化するためのものです。
2つ目は、品質スコアと呼ばれる要素の組み合わせです。広告がオークションにかけられると、上限クリック単価と品質スコアの組み合わせが広告ランクとして計算され、表示される位置が決まります。

Google広告の出稿費用はいくらくらいなのか?

Google広告の広告費用の決定は様々な要素が影響します。これらの費用、入札の仕組み、広告主の平均クリック単価については、引き続きStatusbrewのグロッサリーのガイドをご参照ください。Googleの公式ガイドラインももちろんおすすめです。

 Google広告は真の意味でカスタマイズ可能な広告プラットフォームです。投資する金額と時間を細かくコントロールでき、必要に応じて広告費用をリアルタイムで増減できます。そのため、Google広告の価格設定の柔軟性は、その最大の利点の1つです。

Google広告の入札の仕組みは?


広告の実際の掲載順位は、広告ランク(最大入札単価と品質スコア)によって決まります。 最高の広告ランクが1番目の広告の位置になります。 実際のクリック単価は、品質スコアで割った、次に下にある広告の広告ランクを決定します。 このルールの唯一の例外は、Google広告オークションであなたが唯一の入札者または最低入札者である場合です。次に、クリックごとに最大入札価格(Max CPC)を支払います。Google広告入札では、品質スコアの低い入札者に大きなペナルティが科されます。 逆に、品質スコアが高いものは、広告ランクが高くなり、クリック単価が低くなります。

Google広告の実際の出稿方法

Googleへの広告の出稿はGoogle広告のアカウントを開くことから始まります。Google広告のプラットフォームはこのようなスタイルです。

screen

 

1. Google広告にサインアップする

google_ads_signup

 

Google広告Webサイトにアクセスして、Googleアカウントでサインアップするだけです。 Googleアカウントをお持ちでない場合は、作成する必要があります。作業自体は数分で終了します。

必要な詳細を入力したら、次のページに移動して早速はじめてのキャンペーンを作成します。ここでは、予算の選択、対象ユーザーの選択、入札単価の設定、広告コピーの作成を行うことができます。

first_campaign

 

2. 予算を設定する

これまでご紹介したとおり、予算の設定は最重要課題です。 1日の予算を定義すると、支出の上限を超えないようになります。 1日の予算を把握する最善の方法は、まず、ランディングページが顧客に変換できる訪問者の数を理解することです。 始めたばかりの場合は、平均値で作業してもかまいません。

google_ads_budget

業界全体(アメリカベース)の平均コンバージョン率は2.35%です。 つまり、広告をクリックした後、平均して2.35%のユーザーしか目的のアクション(=ウェブサイトへの誘導など)を実行していません。あなたの業界の平均コンバージョン率を考慮に入れて、各ビジターのためにどれだけ費やす用意があるかを理解することができます。 これは、コンバージョン単価(CPA)とも呼ばれます。

希望の通貨と予算を選択したら、保存をクリックして次のステップに進みます。

 

3. ターゲットオーディエンスを定める

このステップでは、ターゲットオーディエンスの地理的な場所を指定します。 この機能により、入札しているキーワードを使用して検索を実行し(後で詳しく説明します)、指定した地理的な場所に存在するユーザーにのみ広告が表示されます

 

googlead_audience_target

さらに高度な検索オプションを使用すると、半径ターゲティングも利用可能です。 半径ターゲティングを使用すると、郵便番号から特定の半径をターゲティングできます。 ビジネスのタイプによっては、国全体をターゲットにすることも、ローカルビジネスとして何かを地域密着で販売する場合は都市のみをターゲットにすることもできます。 半径ターゲットごとに異なる入札単価調整を設定することもできます。 たとえば、半径10マイル以内では入札単価を高くし、半径30マイル以内では入札単価を低くしたりと細かく設定ができます。

4.  ネットワークを選択する

次のステップは、Googleの検索ネットワークとディスプレイネットワークのどちらかを選択することです。 検索ネットワークでは、このガイドの初頭で説明したとおり広告がGoogleの検索エンジン結果に掲載されますが、ディスプレイネットワークでは広告を表示許可しているすべてのウェブサイトに広告が表示されます。

google_ads_network

初心者やスモールビジネスの場合は、あなたのビジネスの製品やサービスに関連するキーワードを具体的に検索しているユーザーに広告を表示するため、検索ネットワークを使用することをお勧めします。 ディスプレイ広告は、ブランディングやリターゲティングに最適で、通常はクリック単価が大幅に低くなります。 

5. キーワードを選ぶ

キーワードは、ユーザーが検索を実行するときにGoogleの検索ボックスに入力する検索語句です。 Googleでは、SERP(検索エンジン結果)に広告を表示する可能性のある約15〜20個のキーワードを選択できます。 もちろん、後からさらにキーワードを追加することが可能です。

関連性があると思われる20個のキーワードを選択するのではなく、確実に結果をもたらすいくつかのキーワードを選択することをお勧めします。 とはいえ、選択したキーワードの検索量にも注意を払ってください。例えば検索ボリュームが450,000件のキーワードを選択するのは魅力的であるように思えるかもしれませんが、その膨大な結果の中から選んでもらわなければイケナイため、容易ではありませんよね。

前述のとおり、Google広告は入札システムで機能します。 検索ボリュームの多いキーワードは、通常、入札するのに非常に費用がかかります。費用がかかるパターンは2つ:多くのキーワードを選択するか、検索ボリュームの多いキーワードを選択するこことです。

検索ボリュームが中程度の関連キーワードをいくつか選択して、コストを抑えると良いでしょう。

6. 入札を開始する
前述のとおり、Google広告は入札モデルを使用しています。 入札とは、広告をクリックしたすべての人に支払う意思のある金額です。 あなたとあなたの競争相手が同じキーワードに入札していて、クリックごとにより多く支払うことをいとわない場合は、広告は常にトップに表示されます。

ちなみに2つのオプションが表示されます。 これにより、Googleは入札額を設定して、予算の収益を最大化できます。 入札単価を手動で設定する場合は、Googleのキーワードプランナーを使用して事前にリサーチすることをお勧めします。またこのGoogle広告にシステムに慣れるまでは、自動入札から始めてみてください。 ただし、入札単価を手動で設定すると、通常は費用対効果が高くなります。

7. 広告のコピーライティングをする

広告のコピーライティングは価格の決定と同じく、広告運用のプロセスの最も重要な部分です。メッセージは、当たり前ですがユーザーをクリックに導くような文言でなければなりません。オファーを明確に伝える必要があります。少しですが、Tipsを。

-> コピーライティングのベストプラクティス


とにかく短くしてください:テキスト用のスペースは多くないですし、いかに簡潔に収まるかを意識しましょう。
見出しは重要です:広告の見出しは、ユーザーが最初に目にするものです。説得力のある文書の作成を心がけましょう。
明確なCTAフレーズ:明確な行動を促すフレーズは、ユーザーに何をしてほしいかをユーザーに伝えます。

exaple

通常の検索広告には、上記のように見出し、説明、URLなどの基本的な情報が含まれます。 ただし、多くの広告には拡張機能も含まれています。例えば地図やさらなるCTAとなるリンクなど様々です。

8. 広告を実際に出稿する

広告の作成が完了したら、保存ボタンをクリックして、プロセスの最後のステップに進みます。 このセクションでは、Googleがあなたのビジネスと支払い情報について聞かれるので回答してください。設定した予算を使い切ったとき、または30日後のいずれか早い方で請求されます。

キーワードとは?

Google広告キーワードとは何のことでしょうか?
クリック課金型(CPC)マーケティングでは、すべてがキーワードから始まります。 あなたがGoogleを使用するときは、検索ボックスに単語を入力して、探しているものを見つけますよね。オーガニック検索結果であるか有料広告であるかにかかわらず、Googleが返す結果–検索ボックス内の単語に関連しています。


さらにGoogle広告についての理解を深めるために、重要になってくるエレメント、キーワードについて説明します。キーワードはキャンペーンのバックボーンとなる存在です。キーワードのリサーチを改善し、キーワードのグループ化と整理を行うことで、CTRやアクション率と言った結果を大幅に改善できます。
入札するキーワードを特定したら、マッチタイプを設定し、クリックごとに入札する金額、全体的に費やす金額を決定して、キーワードグループを作成する必要があります。キーワードグループについてはGoogleの構造と共に理解する必要があるので下記にて記載します。マッチタイプは、各キーワードの費用に影響し、検索結果の1ページ目に表示されるために入札する必要がある金額を左右します。
次に、指定された最大入札価格および関連する広告とともに、最も関連性が高いと思われるアカウントのキーワードをオークションに入力します。
キーワードは検索クエリではないことに注意してください。マッチタイプによっては、「レディース シューズ」などのキーワードを「フォーマルレディースシューズ」や「通勤用ヒール」など、さまざまな検索クエリのオークションにかけることができます。
Google広告キャンペーンにキーワードを追加するときのデフォルトのマッチタイプは部分一致です。つまり、広告はそのキーワード(「レディース靴」など)や、同じ意味をもつキーワードで、つづりの間違い、類義語、関連検索、ひらがな、漢字、カタカナ別などその他の関連するバリエーションを含むユーザー検索で表示されます。このタイプの一致を抜かりなくすることで、多くのインプレッションを獲得し、幅広いトラフィックをターゲット化できます。しかしながら、キーワードの検索範囲が広がるため、費用が大幅に増える可能性もあります。そのため、上限単価を設定する際はこの点に注意してください。その他のオプションには、フレーズ一致、完全一致、否定一致があります。

CPCとは?


CPC(クリック単価)は、あなたのGoogle広告がクリックされるたびに広告主であるあなたが支払う金額です。
Statusbrew GlossaryでこのCPCについて詳しく説明していますので、こちらをクリックしてください。

CPCマーケティングは、キーワードの競争力、上限単価、品質スコアによって決まります。Google広告でもっとも幅広く世界中で使われているキャンペーンと呼んで良いでしょう。

実際のクリック単価(CPC)とは何か?

実際のCPCは、クエリを検索するユーザーが広告をクリックするたびに広告主が支払う金額です。この数字は、オークションの他の広告主つまり競合相手によって異なり、常に最高入札価格よりも低くなります。


Googleは実際のクリック単価をどのように計算するのか?

実際のCPCは、競合他社の広告ランク(ヒットした結果の広告ランク)を品質スコア+ 0.01で割って決定されます。

広告ランクは、実際のクリック単価(CPC)に大きな影響を与えます。多くの場合、広告主はその下のスポットの広告主よりも1セント高い金額を支払うと誤解されています。しかし、それは実際にはCPC計算のほんの一部です。この式を使用して計算されたGoogle広告のクリック単価が下記の黄色の図です。

CPC =以下の広告主の広告ランク ÷ 品質スコア+ $ 0.01
Google広告では、価格設定の一部は次第の競合他社の広告ランクに基づいています。
実際の広告オークションの例を次に示します。

example_formula

広告ランク(上限CPC × 品質スコア)は、広告が表示される位置を決定します。
もちろんCPCだけが入札方法ではありません。別の入札方法には、CPMとCPAがあります。1,000インプレッション単価制(CPC)とクリック単価制(CPC)と併用もできます。

CPC vs CPM

CPCは、最終的に得られたクリック数に基づく広告のコストですが、CPMは、獲得したインプレッション数に基づく広告のコストです。

広告マーケティングのタイプごとに、異なる入札方法(CPCもしくはCPM)が推奨されます。 

 

Google品質スコアとは?


Googleの品質スコアは、主に広告のCTR、キーワードの関連性、およびランディングページの品質に基づいて、Google社がユーザーにとって広告の関連性と有用性を判断するために使用する指標です。品質スコアが高いほど効果的と言われています。品質スコアの高いキーワードは、あなたの広告費用を節約し、より良い広告ランクを獲得することができます。


品質スコアは、検索結果に広告が表示される位置と、広告主がクリック1回に対して支払う金額に大きな役割を果たします。広告主には広告の実際の品質スコアは表示されませんが、Googleでは、Google広告のキーワードレベルで品質スコア1(悪い)〜10(良い)を表示しています。品質スコアが向上すると、クリック単価(CPC)が下がり、平均掲載順位が向上します。

Googleは品質スコアを計算するときに3つの点を考慮します。

  • ユーザーが広告をクリックする可能性を反映する予想CTRの高さ。
  • クエリに対する広告の関連性。広告コピーは、ユーザーが探しているものと明確に関連している必要があります。
  • ランディングページのエクスペリエンス:ユーザーはクエリの目的を反映したページに誘導されるでしょうか?ランディングページ自体、優れたユーザーエクスペリエンスを提供しているでしょうか?

Googleはこれらの各要素をどのように比較しているのでしょうか?

品質スコア= 1 +ランディングページエクスペリエンスの質 + 広告の関連性 + CTR


Googleがこれら3つの要素のそれぞれに与える比率:
・ランディングページのエクスペリエンス:39%
・期待される予測クリック率:39%
・広告の関連性:22%
これで、品質スコアの向上のための取り組みの優先度がわかりますね。広告主であるあなたははまず、サイトのエンゲージメントを改善して直帰率を減らすために、広告コピーとランディングページのエクスペリエンスをテストすることでCTRの改善(速度の向上やより関連性の高いページの選択など)に集中する必要があります。次に、ユーザーのクエリとあなたの広告の関連性を高めるために広告テストに焦点を当てることがベストだと上の比率からわかりますね。

 

Google広告ランクとは?


Googleの広告ランクは、会社の最高入札価格と品質スコアの組み合わせに基づく、検索エンジンページでの広告の位置です。

広告ランクは、オークションに参加している広告が表示される位置を決定します。広告ランクが高いほど、掲載順位は高くなります。最高の広告ランクは、ページ上の最高の位置を取得します。
広告の品質スコアと広告主の上限CPCに加えて、利用可能な広告表示オプションとフォーマットの予想されるクリック率(CTR)への影響が考慮されます。

基本的な数式は次のとおりです。
広告ランク= CPC × 広告の品質

したがって、広告ランクを高くするには、入札単価を引き上げるか、品質スコアを改善するか、またはその両方を行います。入札単価の引き上げは簡単で数分で行えますが、品質スコアの改善ははるかに難しく、ランディングページと広告の関連性に取り組む必要があります。


広告ランクの計算に含まれる他の要因もあります:

  • オークション時の広告品質(予想されるCTR、広告の関連性、およびランディングページのエクスペリエンス)
  • 上限クリック単価
  • 広告ランクのスレッショルド
  • 広告表示オプション
  • ユーザー検索のコンテキスト

広告ランクのスレッショルドは、ページでの位置付けにとって非常に重要です。上部(オーガニック検索結果の上)か下部か。

たとえば、上から4番目までの位置に表示される広告主候補が5人いる場合、それぞれのによって位置(=ランキング)が決定されます。それぞれの広告ランクが80、50、35、20、5であるとしましょう。
ページ上部に必要な最小広告ランクのスレッショルド(閾値)が40の場合、広告ランクが80と50の2つの広告主のみが選ばれる、ということになります。これにより、クリック率(CTR)などが決まります。クリック率は、通常の検索結果より上位にランク付けされた広告の場合に高くなります。
また、クリック1回あたりの支払い額と、受け取るトラフィック量もこの広告ランクは決定します。

ただし必ずしても1番上に躍り出ることが最適化と言われると、そうではないのが事実です。Google広告のどのポジションが収益性に最適かを判断するため、以下の4つの要素すべての関係を考慮する必要があります。


Google広告キャンペーンの収益性には、4つの重要な要素があります。

  • コンバージョンの価値
  • 広告量
  • 広告費
  • 内部費用(アディショナルな費用)

コンバージョンは通常、予約や取引の成立(購入)など、Webサイトで行われる価値のあるアクションとして定義されます。
利益= コンバージョン数とします。(コンバージョン値 -コンバージョンあたりの広告費用 - コンバージョンあたりの別費用)が利益となるでしょう。

広告の位置とクリック単価の関係性

広告の掲載順位と平均CPCの間には明確な関係があります。一般的に言えば、Googleの検索エンジンの結果ページの上部に広告を掲載したいほど、コストが高くなります。ただし、クリック1回あたりの費用を増やすかどうかだけでなく、特定のユーザーにとって広告がどれだけ関連性があり有用であるかにも依存します。下記は、広告の掲載順位間の平均シフト率を測定した資料(ドイツのSearch Engine Land社より引用)です。広告の位置に対するCPCを視覚化しています。この通り、高いお金を払えば必ずしも上位に掲載されるということはないのです。

google_adrank_sample


Google広告の掲載順位が最も高い収益を上げているのかという事実について

先ほどの利益計算に戻りましょう。
まず、利益=コンバージョン数。 (コンバージョン値 - コンバージョンあたりの広告費用 - コンバージョンあたりのその他諸経費用)


広告の位置ごとの利益を決定する4つの値のそれぞれの関係を考察してみましょう。
コンバージョン数 ∞ 広告の掲載順位(掲載順位が高いほど、トラフィックが多くなり、コンバージョン数も多くなります)
コンバージョンあたりの価値 = 発生した収益
コンバージョンあたりの広告費用 ∞ 広告の掲載順位(広告の掲載順位が高いほど、コンバージョンあたりの広告費用が高くなります)
コンバージョンあたりの諸経費用 = 一定の値


多数の販売を促すことと、可能な限り安価なクリックを獲得して高い収益性を達成することは絶妙ですし、どんなビジネスにおいてもテーマです。この比例性の一方は収益性の向上に役立ち、もう一方は収益性を低下させます。

Googleはどのように支払い費用を決定しているのか?


費用は、上限単価、品質スコア、キーワードの競争力によって決まります。

クリックごとに支払う金額は、実際のクリック単価(CPC)と呼ばれます。請求額は実際の上限クリック単価よりも低く、多くの場合はるかに低くなります。
したがって、オークション時に支払う実際の金額は、サイトリンクなどの広告フォーマットを含め、広告の掲載順位を維持するために最低限必要な金額です。

 

Google広告の広告グループとは何か? 広告グループはどのように構成しているのか?


Google広告のヒエラルキーは、様々な用語が出てくるので最初はイメージがつきにくいかもしれませんが、わかりやすい図はこちらです。

google_groups

 

Googleアカウントには、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告の4つの主要な要素により成り立っています。
理解を深めるため、Googleではマーケティング活動をよりよく理解できるようにしています。

広告グループは、Google広告、キーワード、ランディングページのコンテナの役目を果たします。 Googleは、Google広告キャンペーンを作成する広告主であるあなたに、しっかりと構造化された広告グループを提供しています。すべてのキーワードを同じ広告グループに入れ込むのではなく、キーワードをテーマ別に整理することが重要です。

それでは4つの主要な要素を一つ一つ噛み砕いて説明いたします。

キャンペーン:Googleアカウントの主要な基盤であり、広告が表示される方法とタイミングに影響を与える他のすべての要素を集約したものです。キャンペーンとは、包括的な広告掲載の目標またはトピックに焦点を合わせて作成されるものであり、広告を表示する場所(検索vsディスプレイ)、入札戦略、ジオターゲティング、および1日の予算をコントロールするグループです。キャンペーンの数は、あなたの企業のビジネス目的によってもちろん異なります。

広告グループ:アカウントの次の構成要素には、キーワードと関連する広告が含まれます。キャンペーン内の各広告グループには、キャンペーントピックの機能に焦点を当てた同様のキーワードが含まれるべきです。キャンペーン内の広告グループの数はキャンペーンの戦略によって異なりますが、機能するアカウントを作成するには最低1つ必要です。オーディエンスターゲティング、ユーザー属性ターゲティング、除外キーワード、広告とその拡張機能などの特定のターゲティング機能は、すべて広告グループレベルでコントロールができます。

キーワード:Google広告の構造で最もよく聞く言葉でもあり前述したキーワードは、広告が表示される場所とタイミングを決定するのに役立つ製品またはサービスを説明する単語またはフレーズです。キーワードの最適な量は、すべての広告グループで約10〜15です。キーワードは、あなたの企業の広告とまったく同じ商品名やサービスとの関連性が高く、広告のコピーとランディングページにも表示される必要があります。キーワードの関連性が高いほど、クリック率は高くなります。クリック率が高いと、クリック単価が低くなります。上限クリック単価(CPC)はキーワードレベルでコントロールができます。

広告:基本的なGoogle広告キャンペーンの最後の構造部を補うのは広告です。クリエイティブと呼ばれることもありますが、広告は検索エンジンの結果のテキスト文書として、または何百万ものWebサイト全体のバナー画像として表示されます。広告の種類は、選択したキャンペーンの種類によって異なります。広告は、リターゲティングや場所などのキャンペーンの戦略、および検索クエリに使用されるキーワードに基づいて顧客、つまりGoogleユーザーに表示されます。広告は広告グループレベルで管理され、グループごとに最低3つの広告を推奨されています。クリック率を下げてオークションランキングを上げるには、広告を広告グループ内のキーワードと関連するランディングページを具体的に関連付ける必要があります。

Google広告における関連性とは?

Googleでは、関連性のことを、広告キャンペーンがGoogleユーザーの検索クエリとどの程度一致するかを定義しています。キーワード、広告、ランディングページの関係によって決定されます。

ad_relevance

たとえば、「CRM for startup」と検索すると、上の広告が表示されました。
検索キーワードが広告の見出しと一致しているのを確認できるでしょうか?直接表示されている=私のクエリにぴったり=ここでの広告の関連性は強力と言えます。


キーワードの関連性と広告の関連性は密接に関係しており、キーワードは常に広告と一致している必要があります。また、広告は常に、クリックしたそのさきに誘導されるランディングページと一致する必要があります。
(ちなみに:Bingも広告の関連性をGoogleと同じ方法で定義するため、Bing広告を選択した場合も、このガイドは役立つと思われます。)

関連性の測定方法

Googleには3つのキーワード関連ステータスがあります。

  1. 平均以上
  2. 平均
  3. 平均以下

「平均」または「平均以上」のステータスは、Google広告の他のすべてのキーワードと比較して、キーワードの関連性に大きな問題がないことを示しています。 キーワードと広告コピーの関係が近いほど、キーワードの関連性は高くなります(逆も同様です)。

「平均以下」とは、広告またはキーワードが十分に具体的でない可能性があること、または広告グループがカバーするトピックが多すぎることを意味します。これは、新しい広告グループの広告コピーに合わせてキーワードを編集および調整せずに、広告が1つの広告グループから別の広告グループにコピーされるときによく発生するミスです。

例えばこちら、

ad_relevance


私は「Marketing Automation For Small Business」と検索したのですが、「平均以下」のステータスになっている可能性があるせいか、中小企業がターゲットされているのかこれだけではわかりません。なのでクリックしようとユーザーは思わないはずです。

 

Google広告で広告の関連性を高める方法


1.特定の広告グループを作成する
具体的であることはより関連性の高い方法の1つであるため、各広告グループは個別の製品またはサービスに焦点を当てる必要があります。
たとえば、あなたの企業がオールインワンのデジタルマーケティングツールを販売している場合、メールマーケティング用、コンテンツマーケティング用など、ツールごとに異なる広告グループを作成する必要があります。
大手の例で行くとSalesforceはキャンペーンでまさにこちらを実行しています。 こちらはBingの広告ですが、同社をメールマーケティングソリューションとして強調していますね。

ad_relevance_3

誰かがEメールマーケティングのためのツールを探している場合、ただ単にデジタルマーケティングツール、としてではなく、この広告グループを作成してメールマーケティングというマッチするキーワードを検索する層へターゲティングした方がクリックする可能性が高いため、グループの個別化は重要です。

2.キーワードを慎重に選択する
広告グループの正確なテーマとランディングページに直接関連するキーワードに加えて、それらのキーワードの類似パターンを含めます。ガイドラインとして、広告グループごとに約5〜20個のキーワードを含めます。
ロングテール(ニッチキーワード)検索からページにアクセスするリードは質が高い傾向があるため、単一の単語ではなくロングテールキーワードに入札する方が現実的です。たとえば、私たちのようなSNSの自動予約投稿機能を宣伝しているソーシャルメディアマーケティングツールの企業の場合は、「ソーシャルメディアマーケティング」ではなく、「ソーシャルメディアマーケティング 自動予約投稿」などのロングテールフレーズを使用しています。この機能を求めるユーザーがどんなワードで検索するかも、私たちは熟知しているからです。
長いフレーズを使用すると、表示回数やトラフィックが少なくなる可能性がありますが、提供する内容はユーザーが探しているものとの関連性が高いため、品質は高くなります。


3.広告テキストにキーワードを含める
検索キーワードを広告テキストに表示すると、検索に関連する広告であることがユーザーにとってもわかります。そのため、広告見出し、特に見出しと説明(Desctiption)の1つに上位のキーワードを含めることをお勧めします。
この例では、Zoho社の主なロングテールの1つが「セールス分析 ソフトウェア」である可能性があるため、見出しと説明の両方に含まれています。

ad_relevance_4


広告の関連性は、入札しているキーワードと広告との関連性、およびキーワードが広告とランディングページのメッセージとどれだけ一致しているかを示す尺度です。広告とキーワードの関連性が高いほど、クリック率と品質スコアが向上します。
広告の関連性の改善は、キャンペーン全体の改善につながります。品質スコアが高くなり、広告の掲載順位が上がり、クリック単価が低くなるため、ここに時間を投資する価値は十分にあります。

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細