用語集 > Facebook Shop (Facebookショップ)

Facebook Shop (Facebookショップ)

Facebookは最近、Facebookページのショップセクションを導入したことにより、ユーザーはFacebookで製品を直接購入できます。Instagramショッピング機能と同様に広く利用されています。

こちらの記事では、そもそもFacebookでビジネス利用ってこんなにいろんなことができるというFacebook全体の紹介と、Facebookを使ったショップの仕組み、Facebookページにショップセクションを追加する方法、ShopifyやEC-CUBEやBigCommerceとのインテグレーションをする方法、およびビジネスでFacebookストアを成功させるためのヒントについて説明します。

目次

1.Facebookをビジネスで活用できる方法
2.2020年のEC事情:Facebookでどのように販売できるか?
3.Facebookショップとは
3–1.Facebookでショップを開く方法
3–2.Facebookの投稿で製品にタグを付ける方法は?
3–3.ShopifyでFacebookショップを設定する方法
4.Facebookショップを成功させるための3つのヒント

 

1.Facebookビジネスで出来ること

Facebookで出来ることって実はめちゃくちゃ幅広いのです。そしてFacebook機能は国や地域によって段階的に導入されるのでアップデートを待ちましょう。では、ここからFacebookでビジネスを発展させるために出来ることをズラーっと書いていきます!

様々なコンテンツ公開方法
フォーマット別:
・動画
・ストーリーズ
・ライブ配信
・ゲームストリーミング
・インスタント記事

Facebookニュース-(アメリカでテスト中の新機能でFacebook内にニュース専門フィードが設置されるようです。有名マスコミ企業がニュース記事を提供していくようです。楽しみですね!)

facebook

 

・Facebookで宣伝する
  1. 投稿を宣伝する(Facebookページで作る広告)
  2. Facebook広告を出稿する(広告マネージャーで作る広告)
・FacebookとInstagramで販売する(こちらの記事で説明するところ)
  1. ビジネス用Marketplace(Facebook版メルカリですが日本ではまだ使えません)
  2. Facebookショップ→今日紹介する機能

※Instagramショッピング機能については別のグロッサリー記事でご案内しております。ちなみにFacebookがInstagram社を買収しているので傘下として2つのプラットフォームは連携しています。

・その他マネタイズのためのコンテンツなど
  1. インストリーム広告(動画と動画のあの広告です)
  2. ブランドコンテンツなど

このようにFacebookは(1)コンテンツ発信(2)広告(3)ソーシャルコマースと3つの大きな軸でビジネスプラットフォームを提供しています。

 

2.2020年のEC事情:Facebookでどのように販売できるか?

2020年にFacebookを次の販売チャネルとして活用していないのは非常にもったいないです!

なぜでしょうか?Facebookユーザーの74%が毎日Facebookにログインしており、プラットフォーム上で1日あたり平均38分以上費やしています。この時間のうち大部分はFacebookショッピングにも向けられています。

FacebookショップはFacebookのビジネスページアプリケーションの一つであり、ブランドのFacebook企業ページに統合して、プラットフォーム自体でFacebookユーザーに直接製品を宣伝および販売できます。先ほどの(2)宣伝=広告と(3)販売の融合ということですね。そもそもFacebookという、ソーシャルメディアの特徴上、もともと何かをアウトバウンドに発信する場なのでソーシャルで宣伝しつつそのままモノも買えるとなると使わない手はないですよね。

 

3.Facebookショップとは?

FacebookショップはFacebookのビジネスページアプリケーションであり、ブランドのFacebook企業ページに統合することにより、プラットフォーム自体でFacebookユーザーに直接製品を宣伝および販売することができます。

より理解を深めるために、人気のスポーツウェアブランドPUMAの例を取り上げて、Facebookにショップを開設することでPUMA社がどのように利益を得ているかを見てみましょう。

 

puma

 

まず企業やブランドがFacebookでショップを開いているか見分けるには、左のメニューカテゴリ列のホームの下にショップとあればFacebook経由で購入ができます。ちなみに右上の青い購入するボタンはブランドのオンライン購入ページやオフィシャルサイトに直接移動します。

PUMAは大規模なソーシャルメディアマーケティングをしており、Facebookページにショップセクションを追加して、プラットフォームからの売り上げを促進しています。 ショップタブをクリックすると、Facebookに掲載されているPUMAの商品カタログが表示されます。

 

puma2

 

PUMA公式ECにリダイレクトされるチェックアウト方法を採用していますね。商品詳細をクリックすると、商品の写真や動画とともにサイズやカラーや商品説明など詳細が表示されます。

Facebookショップは2つのチェックアウト方法があります。
  • オプション#1:こちらのPUMAのようにウェブサイトでチェックアウト(Check Out on Website)をクリックすると直営ECのカート画面までリダイレクトされてそのまま決済や配送先入力をして買い物を完了させる。
  • オプション#2:メッセージを送信して購入(Message to Buy)は、ユーザーがメッセージをショップに送信することで購入に進みます。

例えば銀行振込やモバイル決済などネットショップ上で決済しない場合はFacebookのメッセージ機能(Message To Buy)を利用して、購入者とやり取りし支払方法を伝えれば問題ありません。米国版のFacebookでは決済まで対応しているのですが、日本版Facebookでは決済機能は付いていません。そのためネット決済するには、別で用意した決済画面に誘導したり、既に運用しているネットショップに誘導したりする必要があります。

その決済に関わるワークフローのために使うのがShopifyなどのEコマースプラットフォームです。目次にも書きましたが連携の仕方は後ほどご紹介しますね!

それ以外にもFacebookでショップを開くと次のようなことができます。

・無制限の数の製品を追加して宣伝できる
・製品のさまざまなコレクションとカテゴリを作成できる
・製品をハイライトできる
・インプレッション、売り上げ、訪問数などの統計のインサイトが確認できる
・ユーザーとショップページ上(コメントやメッセンジャー)でよりダイレクトなやり取りができる

Facebookショップを設定するために、既存の完成度の高いオンラインストアは必要ありません。 必要に応じて、Facebook経由で操作全体を実行できます。

もっと便利な機能が米国限定であり、Facebook上で注文商品を「発送済み」、「注文のキャンセル」、「注文について返金」のいずれかの処理ができます。まだ日本へのリリースは未定のようです。

言うまでもなく、Facebookショップ経由で売り上げをあげるには、全体的なビジネスマーケティング戦略の一環としてFacebookのオーディエンス/コミュニティを拡大する必要があります。

これにはソーシャルメディアマーケティングの一環として努力が必要ですがFacebookを使用すると、特定の関心を持つユーザーをターゲットにすることが非常に簡単になり、単一のプラットフォームに固執するよりもはるかに簡単にコンテンツを共有(バイラルマーケティング)できます。

 

3–1.Facebookでショップを開設する方法

では早速!

Facebookビジネスページで販売する方法
Facebookのビジネスページを介して自社商品を販売するには、大前提として2つの方法があります。上記でもちらっと話しましたが、この前提を取りちがえると大変なことになりますので、詳しくご紹介します。

基本的な方法は、商品リストを含むFacebookショップを作成し、支払いを自社ECのカートに直接接続することです。 つまり、ユーザーはFacebookの外に出て製品を購入する必要がないですし、外部プラットフォームを使用する必要もありません。

または、ShopifyなどのEコマースプラットフォームを使用して、そこでオンラインストアを作成することもできます。つまりShopifyの製品をFacebookショップページにリンクすることができます。
2番目のオプションは、オンラインプレゼンスを2つのプラットフォームに拡張するビジネスに適しています。オウンドのウェブサイトがない限り、私はShopifyなどとEコマースプラットフォームをお勧めします。

※個人のアカウントを使用して製品を販売することは、Facebookの利用規約に違反することになるので注意です。

 

たった4つの簡単なステップでFacebookショップを作成する方法

1. ショップタブを追加しましょう

最初の最も重要なステップは、「ショップ」タブをFacebook企業ページに追加することです。

・ページ設定に移動し、[テンプレートとタブ]をクリックします。

 

facebookshop

 

・[タブの追加]セクションまでスクロールし、[ショップ]の前にある[タブの追加]をクリックします。

addtab

 

これにより、Facebookページにショップタブが追加されます。 タブの順序を並べ替えるには、3本の横線をクリックして、好みに応じてタブをドラッグします。「ショップ」タブは上位3つに収めることをお勧めします。

ステップ2. Facebookショップのセットアップ

Facebookページのショップタブを追加したら、次のステップはショップを設定することです。

  1. ・Facebookページに行き、「ショップ」をクリックしてください。
  2. ・Facebookの販売者の利用規約に同意する必要があります。 続行をクリックする前に、すべての条件を読むことをお勧めします。
agree

[続行]をクリックすると、Facebookは希望のチェックアウト方法を選択するように要求します

・ウェブサイトでチェックアウト
・メッセージを送信して購入

を選択できます。先ほどの決済方法の説明通りですね。

 

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細