用語集 > Facebook Reactions (Facebookリアクション)

Facebook Reactions (Facebookリアクション)

投稿へのいいね!メトリックは、投稿の「リアクション」に呼び名が変更されました。このメトリックでは、広告や宣伝投稿へのリアクションの数を測定できます。

Facebookだけに限らず絵文字は現代いたるところにみられます。もはや日本語であった「絵文字」は「emoji」と表記されるほど世界中に浸透しています。私たちは常に絵文字を使用して感情をデジタル形式に変換しています。

 

コメントしなくてもなんらかの感情を表現したいユーザーのために生まれました

 

共感する記事がシェアされたり、「可愛いね〜!」「え、それひどいね!」という感情が湧き上がる投稿は、個人の方も感じることは多いのではないでしょうか?このFacebookリアクションが生まれてから、企業ページの投稿にもあなたの友人への投稿にもより一段、「あなたの投稿を私はちゃんとみていますよ、そしてこういう気持ちです」とコメントをするのは少し億劫でも気持ちを表現しやすくなったのではないでしょうか?

FacebookリアクションはFacebookがオンラインでその感情的な会話を促進する方法です。Facebookリアクションは、顧客が投稿に返信するために使用できる6つの絵文字です。 左から、

  • いいね!
  • 超いいね!、
  • うけるね
  • すごいね
  • 悲しいね
  • ひどいね

が以下の絵文字に変換されます。

emoji

この6つを「ポジティブ」「中立」「ネガティブ」と分けることができると思います。もちろんこれはポジティブに入れていいのでは?と個人的な意見も見えるかもしれませんが...。

こちらの記事では、このリアクションが生まれたヒストリーと、どうしてリアクションもエンゲージメントの一つの指標として大事なのか、アルゴリズムにどう影響するのか、などお伝えします。

 

 


 

なぜリアクションが必要なのか?


リアクションは、Facebookにニュースフィードに「Dislike」または「イマイチ」ボタンを含めるように指示された多くの訴えへの応答として最初にリリースされました。世論を考慮して、Facebook社はこのタスクのために特別なチームを構成しました。結果としては良いもので、 Facebookのフィード投稿へコメント、メッセンジャーのメッセージに反応する手法として使うことができるようになりました。。

上記に概要を記載しましたが、絵文字には6つの異なる感情が含まれています。例えば人の訃報、解散、その他の状況など、人々がニュースフィードで共有することが多い決してポジティブではない悲しい人生のイベントは、簡単の「いいね!」できないコンテンツでした。世界中多くのユーザーがコメントを書かずにFacebookで感情を表現する方法を求めていた結果がこのリアクションです。

いいことは、新しいFacebookのリアクションがLikes「いいね!」とまったく同じように機能することです。 「いいね!」ボタンを押すだけとやり方は従来と変わりません。いいねのグッドボタンを押すと、その上に6つのリアクションメニューが表示されます。そこで、反応したい投稿に最適な絵文字を簡単に選択できます。投稿ごとに追加できる反応のタイプは1つだけです。

 

どのようにしてFacebookアルゴリズムに影響を与えるのか?

 

これらのリアクションは、Facebookのアルゴリズムに非常に影響することをご存知でしょうか?こちらはFacebook社が公式にアナウンスしています。アルゴリズムに影響するってどういうこと?と思われた方、一言でいうとFacebookのリアクションがFacebookニュースフィードの更新方法を決める一つの手段になります。誰かがニュースフィード上でリアクションすると言うことは、この投稿をもっとみたい人がいる、とFacebookが判断するからです。詳しくはこちらをご参照ください。

単に投稿を高く評価するだけで、興味のあるコンテンツであることをFacebookに示し、さらに強力なシグナルを送信し、より深いレベルのユーザーエンゲージメントを示します。

Statusbrewのこのグローサリー(単語集)では最近、有料のFacebookリーチのないFacebookの投稿はほとんど良いエンゲージメントを得るのは難しいという記事を書いています。そちらの記事ではオーガニック投稿のリーチの減少について話しました。そのため、ページの可視性を向上させることは当然のことと考えるべきではありません。(※こちらの記事も併せてご参照ください。)

また、FacebookはInstagramと同じく常に新しいアルゴリズムを提供していますが、ニュースフィードアルゴリズムに対する変更が2018年に行われました。Facebookは友人や家族からの投稿、および「人々の間の会話と有意義な相互作用を刺激する投稿」を後押しすることを決定しています。ちなみにFacebookでは、すべてのリアクション 「超いいね!」も「ひどいね」のどちらに反応しても、アルゴリズムは同じように影響を受けます。

その「有意義な相互作用」とは何でしょうか? Facebookはマーケティングパートナーチームはいくつか例を出しています。

以下は、更新されたニュースフィードアルゴリズムが「意味のあるもの」としてマークしている良い相互作用のリストです。

  • 複数の人が、視聴した動画やニュースフィードで読んだ記事に関するお互いのコメントに返信する
  • 投稿に対するユーザーのコメントに企業ページが返信をする
  • ページのライブ動画にコメントしたりリアクションをする
  • メッセンジャーを通じて共有されたページ投稿に返信する
  • ユーザーが再共有したページ投稿とのやり取り

あなたのFacebook企業ページにとって何を意味するのか?

 

投稿のエンゲージメントが失われないようにするには、当たり前のことですが投稿に多くのエンゲージメントがあることを維持することです。
それはあなたのフォロワーがあなたの投稿にエンゲージしてくれる、リアクションをもらうために十分魅力的なコンテンツを作成することが求められる努力と言えるでしょう。そうすることにより、アルゴリズムは自動的にあなたのFacebookページを推奨します。 Facebookで利用可能な他のコンテンツよりも有意義で良い相互作用あるものとして認識されるため、具体的なユーザーのニュースフィードに頻繁に掲載されます。

繰り返しになりますが、Facebookで共有されているリアクションに差別はありません。超いいね!だから良い、というのは現時点ではありません。

 

 

Facebookのリアクションは、Facebook社がニュースフィードアルゴリズムが変更するときにFacebookが考慮に入れる主要なフィードバック形式の1つなので、常にアップデートを確認するようにしましょう。

最終的には、当たり前のことかもしれませんがコンテンツを計画するときにクリエイティブであることをいつも忘れないでください。ユーザーがあなたの企業ページの投稿へのリアクションをすればするほど、コンテンツの視認性が高まります。

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細