用語集 > Facebook Ads (Facebook広告)

Facebook Ads (Facebook広告)

世の中には数多くのデジタルマーケティング戦略がありますが、ソーシャルメディア広告は、最初から一貫して売り上げをもたらすことができるものとして台頭しています。

ソーシャルメディア広告、またはソーシャルメディアターゲティングは、ソーシャルメディアプラットフォームでユーザーに配信される広告です。ソーシャルメディアは、膨大なユーザー情報を利用して、特定のプラットフォーム内のアルゴリズムに基づいて、関連性の高い広告を提供します。多くの場合、ターゲット市場がソーシャルプラットフォームのユーザー層と一致する場合、ソーシャル広告は、コンバージョンと販売を大幅に増加させ、より低いコストで出稿することができます。

 

 

EC(Eコマース)に最適な6つのソーシャルメディア広告


Statusbrewのお客様もですが、ソーシャルメディア広告を出稿しているほとんどのビジネスはECです。私たちStatusbrewのアドバイスは、最も人気のあるプラットフォームから始めて、収益性の高いシステムが稼働し始めたら、より実験的なキャンペーンに予算の割合を割り当てることをオススメします。

2020年には、6つの異なるソーシャルメディアチャネルがあり、広告マーケティング戦略に従って、一貫したROIを生み出すことができます。

これら6つがもっとも注目されるソーシャルメディア広告市場です。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Pinterest
  • LinkedIn
  • Snapchat

ソーシャルメディア広告の利点はなんと行っても売り上げとファンベースの拡大です。

他にも多くの利点があります。

  • 顧客が作成したコンテンツを広告に使用できる
  • 新規顧客とリピーターをより的確にターゲティングできる=予算を無駄にしない
  • A / Bテストを行い、プラットフォーム分析を使用して的確な判断を下せる


ソーシャル広告の魅力的な点の1つは、スケーリングの能力に実質上記、制限がないことです。

ブログのSEOなどど違い、誰かがターゲットとするキーワードを検索するのを待つ必要はありませんし、誰かがプロモーションを実施したりする必要がありません。例えば1日で5万人にリーチしたい場合は、それができるのがソーシャルメディア広告です。

さて、どのソーシャルメディアネットワーク広告を選択するかは、下記の3つの要素により異なります。

  1. ターゲット顧客が最も集中している場所)
  2. ターゲット顧客が最もアクセスしやすい場所(推奨メディア、広告ターゲティングなど)
  3. ターゲットユーザーが広告に最も積極的にエンゲージできる場所

ソーシャルメディアで成功を収めるには、いくつか点と点をシームレスにつなぎ合わせる必要があります。

あなたは説得力のある媒体を介して説得力のある広告を提示しなければなりません。

その上に広告要素を追加するときは、ユーザーが有料広告を積極的に利用するプラットフォームを見つける必要もあります。

 

Facebook広告の魅力

Facebookはご存知の通り世界最大級のユニバーサルソーシャルメディアネットワークです。

Facebookは毎月26億人以上のユーザーを擁し、世界の人口の3分の1以上をホストしており、事実上誰にでもリーチする比類のない機会を広告主に提供しています。

Facebookはオンラインビジネス向けのFacebook広告の数々の成功例を持ち続けています。Facebook広告が輝く場所とは、どこでしょうか?答えはやはり、Eコマースです。Eコマースに関しては、Facebookはリードジェネレーションにおいてもっとも優れています。

また、そんなEコマース業界が輝ける、広告掲載場所がFacebook全体を通して幅広いのも下記の通り明確です。

  • Facebookショップ:Facebookのあなたのファンが企業ページでショップのカタログを見ながら買い物をしたり、製品広告を掲載したりできます。
  • Facebook Marketplace(マーケットプレイス):手数料なしでEtsyや日本でいうとメルカリやジモティのような個人同士の販売を行うプラットフォームです。最近ではInstagramのようなおすすめ機能が導入され、あなたのマーケットプレイスのリーチが広がります。残念ながら日本への上陸は未定です。
  • Facebookダイナミックリターゲティング広告:ユーザーに一度閲覧した商品に類似した商品をリターゲティング表示できます。Facebookはアルゴリズムを使用して、エンゲージメントが最も高いフィードから商品をピックアップします。ちなみにこれにはFacebookショップを運用していなければなりません。
  • Instagramショッピング:フォロワーがInstagram投稿のタグ付きアイテムを購入できるプラットフォームです。Instagramショッピング機能を使うには、Facebookショップを運用していなければいけません。
  • Instagramストーリーショッピング:Instagramストーリーでタグ付けされたアイテムをフォロワーが買い物できます。同様に、Facebookショップをすでに持っていなければなりません。

実際、Facebookはあらゆる規模のブランドに十分なリーチ力を持つ広告ネットワークを構築しています。

最も一般的に使用されている広告モデルは、Facebookの広告を直接コンバージョン率の高いランディングページに掲載して、オンラインページでの購入を促すことです。実際にFacebook広告を利用して成功したビジネスのケーススタディーが多くあります。

こちらをご覧ください。

 

 

Facebook広告キャンペーンを設定する方法

 

成功するFacebook広告キャンペーンを実際に設定して実行するには、基本的に3つの主要な動きがあります。

  1. 広告を設定する
  2. ターゲティングを設定する
  3. リターゲティングを設定する

1.2と3は切り分けて考えることがほとんどです。Facebook広告のリターゲティングに関しては、Statusbrewのグロッサリーのこちらをご覧ください。

Facebook広告の高度な戦術
すべてのオーディエンスにまったく同じ広告を掲載しないでください。予想広告とリターゲティング広告は一意である必要があり、各オーディエンスの「インタレスト」セグメントの広告はそのオーディエンスに合わせて調整する必要があります。
見込み広告を使用してブランドの認知度を高め、商品について人々に教え、次にリターゲティング広告を使用して、すでに興味を示しているユーザーと取引を結びます。リターゲティング広告は、積極的な売り込みと売り切りに最適です。
広告での絵文字の使用は、大規模で確立されたブランドの間でも、山火事のように広がっています。クリック率を高めるのに非常に効果的ですが、すべての戦略と同様に、確実にA / Bテストを行う必要があります。
常にテストしてください!広告の疲労はFacebookに常に存在する課題であり、新しい広告を2週間ごとにローテーションしてテストすることをお勧めします。
類似オーディエンスは、多くの広告主にとって重要な要素です。彼らは探査に非常によく働く傾向があります。とはいえ、回避できる場合は、類似物の上に追加のターゲティングを重ねないように注意する必要があります。潜在的なリーチが縮小し、貴重な顧客を見逃してしまうリスクがあります。

 

 

 

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細