用語集 > CTR - Click Though Rate (クリックスルー率)

CTR - Click Though Rate (クリックスルー率)

クリックスルー率とは?

 

クリック率は、人々がリンク、広告、または電子メールをクリックする頻度を測定するマーケティング指標です。

画像、キーワード、CTAのコピーライティング、広告の配置など、多くの要因がクリック率(CTR)に影響します。クリック率は、誰かがコンテンツをクリックした回数を、表示回数(広告がオーディエンスに表示された回数)と比較します。 CTRは、メール、ディスプレイ、ソーシャル、有料検索キャンペーンで重要な指標としてよく使われます。 CTRが測定される範囲は主に以下の通りです。

  • メールリンクとCTAフレーズのボタン
  • PPC広告
  • ランディングページのリンク
  • FacebookとInstagram広告
  • オンサイト要素(ボタン、画像など)

また、アプリ内広告に関して、CTRはアプリインストール広告をクリックして、その後アプリストアにリダイレクトされたユーザーの割合をアプリ広告主に提供される数値でもあります。

 

広告クリックスルー率(CTR)の計算方法は?


((#)クリック数 × 100)÷(#)広告の表示回数=(%)広告のクリック率

 

CTRの長所:

クリックスルー率を追跡することは、さまざまな規模ののサイトでの広告のパフォーマンスを比較する簡単な方法です。ほとんどの広告サーバー(GoogleやYahoo)は、キャンペーンのクリックスルー率を比較できるように提供していますし、Facebookなどのソーシャルメディア広告プラットフォームも提供しています。そして私たちのようなサードパーティー製ソーシャルメディアマーケティングのプラットフォームも分析結果として提供しています。クリック率は、クリック数だけではなく、キャンペーンのパフォーマンスをより適切に測定します。これは、インプレッション数が異なるキャンペーンを比較する場合、クリック数が最も多いキャンペーンを取得するのは不公平だからです(インプレッション数が多いほど、通常はクリック数が増えるため)。 クリックスルー率を使用すると、同じ量のインプレッションがあった場合に、さまざまなキャンペーンでどのような成果が得られるかを確認できます。

 

Facebook広告は、クリックが全てである

キャンペーン費用、コンバージョン費用:どれもすべてクリックから始まります。 広告のクリックは、ターゲティングの高度化、広告クリエイティブ、および広告自体のエンゲージメントのレベルに応じて、コストを増加または減少させます。 要点として、クリックは一つの重要なシグナルです。 そして特に有料広告に重点を置いているマーケティング担当者は、それらのシグナルに基づいて戦略を立て、より低いコストでより多くの結果を出さなければならないと思います。Facebookのクリック率(CTR)にこだわっているのも不思議ではありません。

Statusbrewはソーシャルメディアマーケティングの有効性を証明するためのプラットフォームですので、こちらのグロッサリー記事ではFacebook広告に特化してご紹介していきます。

Facebook CTRについて知っておくべきことをこちらに全て網羅します。

  • FacebookにおけるCTRとは何ですか?
  • FacebookでCTRを見つける方法は?
  • Facebook広告の平均クリック率とは何ですか?
  • Facebook広告の優れたクリック率とは何ですか?
  • Facebookでクリック率を向上させる6つの方法

 

 

Facebook広告におけるCTRとは?

CTRはクリック率を表し、個々の広告の表示回数(プラットフォームで広告が表示された回数)に対するクリック数(広告がクリックされた頻度)の比率を測定するFacebook広告の指標です。Facebookは、広告の総クリック数を総インプレッション数で割ってクリック率を計算します。その結果を100倍して、パーセンテージで表します。

たとえば、1,000人が広告を見て100人が広告をクリックした場合、Facebookは最初に100(クリック数)を1,000(インプレッション数)で割ります。 その計算の結果は0.1であり、これに100を掛けてCTRパーセンテージ10%になります。こちらはのちに説明する平均クリック率よりもだいぶ高い数値ですが、わかりやすくするために100というクリック数を使用しました。

 

FacebookのCTRはどこで確認できるのか?

以下の手順に従って、各Facebook広告のCTRを見つけることができます。

1. Facebook広告マネジャーにログインします。※Facebookビジネスマネジャー と広告マネジャーの違いについてはこちらのブログ記事をご参照ください。

2. [広告]タブを開きます。

3.取得したい指標をカラムのドロップダウンメニューで設定します。[パフォーマンスとクリック]

4.「CTR(すべて)」の列が表示されるまで右にスクロールします。

facebook_ad_manager

さらにもっと詳しく、見やすいレポートが欲しい場合、有料広告の有効性を証明する分析レポートをカスタマイズして抽出したい場合は、Statusbrewの分析レポートもお勧めいたします。最も重要なすべてのFacebook広告メトリックが集結した、誰に提出しても恥ずかしくない美しいレポートを提供しています。

statusbrew_ad

 

Facebook広告の平均CTRはどれくらいか?


Facebook広告はFacebookニュースフィード、右側広告枠(Right Hand Placement)、マーケットプレイス(Marketplace)、オーディエンスネットワーク(Audience Network)、Messengerと広告の掲載チャネルが多くありますが、広告代理店のAdStage社が多くのマーケット会社の10億を超える広告インプレッションを分析し、各チャネルの中央CPC、CPM、CTRを調べたデータがあります。
結論から申し上げると、Facebook広告の平均CTRは0.90から1.33%の間です。

ad_facebook_2019

AdStage社のデータによると、Facebook広告のCTRが、2018年第1四半期の中央値2.36%から2019年第1四半期の中央値1.33%まで、昨年から低下しています。

このように、最先端の広告はソーシャルメディアと言えど、クリックをオーディエンスからもらうのは年々難しくなってきているというのが現状です。

Facebook広告における「良いクリック率」とは?


Facebook広告の平均CTRまたは中央値CTRを知ることは、パフォーマンスをベンチマークするための適切な出発点ですが、パフォーマンスを改善するためにまずは、一般的に優秀だと呼ばれるCTRはどれくらいなのでしょうか?

こちらも同社のデータに基づくと、Facebook広告の適切なクリック率は2〜5%です。

 

Facebook広告のクリック率を高める方法

マーケティング担当者は、平均レートと中央値レートの両方よりも大幅に高いCTRをどのように達成しているのでしょうか?

1.ターゲットを絞り込む
「Facebookでのクリック率の向上は、常に強力なターゲティング、優れた広告コピー、強力なビジュアルの組み合わせ」です。利用可能な最大の手段はターゲティングオプションです。Facebookはもっとも膨大なユーザーのデータを所持し、ユーザーの直近のアクションやライフサイクル、傾向ごとにもターゲティングができるツールです。

facebook?ads?target

 

これは、あなたのニッチにアプローチする広告主にこそぴったりです。マーケティングを特定のタイプの顧客にターゲティングします。なぜならオーディエンスが広すぎる場合、広告メッセージは通常、その「広いオーディエンス」全体をカバーするために意味の広すぎる意味合いになりかねないからです。

しかし一方で、ターゲットを狭めると、より小さな顧客ベースに広告コピーが語りかけるようになり、具体性と共感を持たせることができます。

なんで私のこんなこと知ってるの?とちょっと奇妙に思うくらい精密に絞り込まれた広告が多いのはFacebookならではですね。

tweet

クリエイティブがオーディエンスにパーソナライズされたものになるたびに、オーディエンスは広告をクリックしたり、コメントを書き込んだり、友人や家族と共有したり、クリックしてコンバージョンに至る可能性が高くなります。

もちろん、誰をターゲットにするのが正解ということはFacebook自体は示してくれません。何度かトライ&エラーを兼ねた実験を行う必要があります。

まずはオーディエンスをテストすることのみを目的としたキャンペーンに取り組み、ターゲットユーザーに対して何を考慮に入れていなければ行けなかった、という反省点を持ち、追加の調査を行うことで、クリック率を飛躍させることができます。

 

2.リターゲティングキャンペーンを実行する

リターゲティングを使用したマーケティング担当者の91%が、検索、メール、またはその他のディスプレイ広告と同等以上のパフォーマンスを発揮すると言われています。

以下がリターゲティングのメリットとTipsです。

(1)ターゲットが再びオンラインになったときにターゲットに到達できる
ユーザーは通常、ダウンタイム中にFacebookを使用します。ビジネス指向のプロフェッショナルネットワーキングに焦点を当てたLinkedInとは異なり、Facebookは人々が家族や友人と写真、ビデオ、およびその他のコンテンツを共有する、よりレクリエーションのプラットフォームとして設計されました。 Facebookを使用することの重要な利点は、人々が自由に参加できるときに人々に連絡できることです。ソーシャルメディアプラットフォームをカジュアルにスクロールすることは、21世紀には従来の娯楽となり、潜在的なリードに到達する魅力的な機会を企業に提供しています。

(2)あなたのブランドはより実質的に見える
包括的な広告キャンペーンの一部として含まれている場合、Facebookで広告をターゲティングすると、ブランドの見栄えが大きくなります。パーソナルブランドを宣伝して複数のプラットフォームで利用できるようにすると、どこにでもあるように、ビジネスがユビキタスであるという概念が生まれます。上記のように、Facebookには10億を超えるアクティブなアカウントがあります。マーケティングアプローチの一環として、潜在的な顧客のそのような大量のプールの活用を含めることは、ビジネスにとって理にかなっています。

Facebookをリターゲティングに使用すると、ブランド、製品、サービスを無視したり忘れたりすることが難しくなります。また、影響力のある方法で潜在的な顧客とつながるのにも役立ちます。具体的には、Facebook Pixelをウェブサイトに統合することで、キャンペーンを管理できます。つまり、サイトの訪問者のIDと行動に関する貴重な情報を収集し、その情報を使用して、ターゲティング方法を非常に正確にすることができます。あなたの広告。広告を誰に表示するか、誰に表示しないかを制御する権限を持つことで、マーケティングドルの使用を最適化し、さまざまな課題を克服することができます。たとえば、ユーザーがあなたの電子メールまたはテキストメッセージチェーンから退会した場合でも、Facebookを介してそれらにアクセスすることができます。今日、ソーシャルメディアの消費の60%以上がモバイルデバイス経由で行われています。 Facebookを介してモバイルフレンドリーになると、モバイルFacebookユーザーの膨大な人口を利用する方法でターゲットを変更できます。つまり、人々のFacebookフィードに一貫して参加している場合は、それらを獲得する機会が増えたことになります。

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細