用語集 > Clickbait - クリックベイト

Clickbait - クリックベイト

どうして一部の企業はクリックベイトを使うのか?

企業やブランドはさまざまな理由でクリックベイトを使用します。上記にも少し記載していますが、 一部の企業はWebサイトでより多くのアクティビティをその先の売り上げのためにも必要とするため、この方法を利用しています。一部のクリックベイトの記事は非常に人気が集まりますし、ソーシャルシェアリングにつながることさえあります。
残念ながら、クリックベイトの記事にはマイナスな面もあります。 多くの悪意のある個人やグループがこの手法を使用して、詐欺、フィッシングサイト、マルチビジネスへのリンクを宣伝しています。クリックベイトの台頭により、多くのインターネットユーザーはクリックした内容に注意する必要があります。
クリックベイトの脅威の高まりを最低限にするために、Googleなどの検索エンジンは、偽のニュース、重複したコンテンツ、およびクリック専用に書かれたセンセーショナルな文言のあるページにペナルティを課すように、アルゴリズムにも反映されています。

どんなものがクリックベイトと見なされるのか?

事実上あらゆる種類のコンテンツをクリックベイトとして判断されます。
センセーショナルなヘッドラインにより、ニュース記事、インタビュー、ブログ投稿、インフォグラフィック、動画、その全てがクリックの対象になります。 
見分ける際の最大の特徴は、クリックベイトの品質が基本的に低いという事実です。 

  • 確かに人目を引く見出しである
  • 非常に少ない単語数
  • たくさんの写真やミーム
  • ソーシャルシェアリングプロモーション

クリックベイトに頼らずに、説得力のあるかつパワフルな見出しでコンテンツを作成することが大切です。
 

クリックベイトの長所と短所

クリックベイトコンテンツを作成することは、長年にわたって多くの論争を引き起こしています。多くの専門家は、クリックベイトを許可するかどうかについて意見が分かれています。クリックベイトには、特に次のようなマーケティング担当者にとってのメリットがあります。

  • より多くのページビューとオンライントラフィックを生成する
  • さらなるソーシャルメディアでのシェア、ブランドのリーチを拡大する機会
  • 広告収入を増加させる可能性

ただし、公開されたクリックベイトコンテンツの品質が低い場合、会社の信頼性が失われることや炎上を招く可能性が非常に高く、あなたのビジネスの評判を維持することが難しくなる可能性があります。クリックベイトの短所は次のとおりです。

  • 消費者からのロイヤリティや信頼を失う
  • ブランディングが台無しになる
  • 直帰率が高く、コンテンツの品質が低いため、検索エンジンのランクが下がる

実際クリックベイトは有効的か?

場合によっては、クリックベイトコンテンツのタイトルがキャッチーで説得力のあるものである場合、人々をWebサイトに誘導します。 ただし、ほとんどの場合、クリックベイトはトラフィックの促進でのみ成功し、コンバージョンをサポートすることはほとんどありません。
訪問者が見出しをクリックした後、コンテンツから必要なソリューションが得られないように感じた場合、訪問者はすぐにページを離れます。 これにより、直帰率が高くなり、消費者の信頼が失われます。 コンテンツを増幅するには、クリックベイトに頼るよりもはるかに優れた方法があります。

ユーザーへの快適なブラウジングやサイト分析ををするためにCookiesを使用しています。引き続きWebサイトをご利用することでCookiesに同意したとみなされます。  詳細